貸切・ご招待ライブ

7月
31 Sat 2021
LIVE

時間調整中

吉本章紘ts 北島直樹p 江藤良人ds 多田鏡子vo 斎藤クジラ誠b

プロフィール

吉本章紘(よしもとあきひろ)
テナーサックス・ソプラノサックス・フルート、クラリネット奏者、作曲家。
1980年神戸市生まれ。12歳でテナーサックスを始め、甲南中学ブラスバンド部にてジャズと出会う。
2002年渡米、ボストンBerklee音楽大学にて、Frank Tiberi, George Garzone, Joe Lovano の各氏に師事し2005年卒業。
2006年東京に移り、角田健一Big Band、内堀勝Big Band、鈴木勲group にレギュラー参加。
2010年10月、Aaron Choulai Quintet のメンバーとしてオーストラリアツアーに参加、"Wangaratta Jazz Festival 2010" へ出演。
2010年、自己のカルテットを結成し『Blending Tone』(2012年)、『Moving 』Color』(2015年) の2作品をリリース。
「先鋭的なコンテンポラリー・ジャズから伝統的なブルースまで、違和感無く同居し、聞き手の心に自然に響く魅惑のテナー」と評され、NHK FM 老舗ジャズ番組 "Session 2013" や、" JAZZ TONIGHT 2016" へ出演。
2014年5月、世界的ジャズシンガー Diane Schuur氏のグループで、高槻ジャズストリートに出演。
2018年4月、"Billy Childs Quartet" Blue Note東京公演(グラミー賞 受賞記念コンサート )に2日間参加。
2017年、自己のバンド『深海魚』を結成すると、そのライブ模様がカナダの老舗ラジオ局で放送されるなど注目を浴び、2019年にはギタリスト大友良英氏をゲストに迎えた新宿ピットイン公演を盛況に収める。
2017年8月、吉本章紘・須川崇志によるデュオアルバム『Oxymoron』をリリース。
2019年6月、バイオリンとアコーディオンを編成に加え、自身の楽曲に焦点をあてたアルバム『Nostalgic Farm』をリリース。
2019年9月、NHK FM "Session 2019" に出演。
現在は、自己のトリオやカルテットでの演奏活動の他、大西順子Sextet、小林桂Quintet、Aaron Choulai Raw Denshi Sextet、山田拓児Folklore、
中村恵介Humadope, サキソフォビア、aTak Band、Soalte Sax Ensembleにも参加。
都内の様々なBig Bandにも所属する。
世界最大級の作曲コンペティション『International Songwriting Competition 2014』では、自作曲がファイナリストに選出される。
近年は、大西順子グループへの楽曲提供や、ヒップホップアーティストとの作編曲にも力を入れている。
ルーツ音楽院 サックス科 / アンサンブル科 講師

北島直樹 (きたじまなおき)
1955年生まれ。
業界ナンバー1の支持率を誇るカリスマピアニスト!
青山学院在学中にプロ・デビュー。
松本英彦、日野元彦、本多俊之のグループに参加。
阿川泰子のアルバム「ジャーニー」、「サングロウ」で
アレンジを担当したことがきっかけとなり、
CM音楽の制作、アレンジやスタジオワーク、和田アキ子、岩崎宏美のツアーや
テレビ出演など、幅広い音楽活動を精力的に行う。
寺井尚子のアルバム「アンセム」から、最新作「Adagio アダージョ」まで、作曲家としても才能を発揮。
現在は、寺井尚子カルテットの活動を中心に活躍中。

江藤良人 (えとうよしひと)
 
1973年生まれ、三重県鈴鹿市出身。10歳からドラムを始める。
1996年からプロ活動を開始。モントルー・ジャズ・フェスティバルに出演。
2006年~2015年“Yuji Ohno & Lupintic Five”に参加
これまでに、渡辺貞夫(as)、日野皓正(tp)、山下洋輔(p)、佐藤竹善(vo)、石橋凌(vo) 、Lee Konitz(as)、Barry Harris(p)、Eddie Gomez(b)等と共演。
自己のグループの他、中川ひろたか(vo)+MGQ、punch! 、the EROS、Play Rock!! などのグループ、セッションで活動中。
今までにリーダーアルバムは5枚、参加作は数知れない。
2019年6月、the EROS二作目となる『Warm Feelings』をリリースし好評発売中。
繊細さとパワフルさを兼ね備えたドラミングが絶大な信頼感をもたらす。
【Official HP】 http://eto.mockhillrecords.com/

多田鏡子 (ただきょうこ)
北海道余市町生まれ
小樽潮陵高校で音楽部(混声合唱)に所属、同級生でのちにピアニスト・アレンジャーとして活躍する松田真人に出会い、ジャズ・ボーカルを始める。
成蹊大学でサークル、モダンジャズグループ(MJG)に参加。同時期に開店した吉祥寺SOMETIMEでデビュー。佐山雅弘(pf)、北島直樹(pf)、金澤英明(b)、坂井紅介(b)等と共演。子育て中は、音楽ライターとして著書を数多く手がける。また、西東京市にレコーディングスタジオ「TLive」を立ち上げ、ジャズレーベル「スタジオ・トライブレコーズ」を主催。数多くのジャズCDをプロデュースする。
現在、(株)ラルゴ音楽企画代表。ボーカリスト、ラルゴボーカル教室主宰。
ライブ活動に於ける自己のユニット
『KT3』 加藤崇之(G) 加藤真一(B) (アルバム『Skylark』)
『Delicious+1』 ハクエイ・キム(pf) 江藤良人(Ds) +秋田紀彰(B) (アルバム『Melting Version』)
『Zazou』 宮城純子(pf) 佐藤慎一(B) 岡部洋一(Per) 田中邦和(sax)
この他、中牟礼貞則(g)、石井彰(pf)、金澤英明(b)(アルバム『Duets & Mo』re』、大徳俊行(pf) (アルバム『Love songs』)などと活動。
近年は、オリジナル曲創作、訳詞にも力を入れている。
Website studio-tlive.com

斎藤クジラ誠 (さいとうクジラまこと)
1954年2月5日東京生まれ。 3歳でピアノを始め、10歳でギターに転向、その後成蹊大学在籍中 からウッドベースを弾き始め、Pit-inn、アケタの店、タローなどの ジャズ喫茶で活動を開始。25歳頃からエレキベースを始めライブ活動以外でもスタジオミュージシャンとして活動するようになる。 明田川荘之、松本英彦、中本マリ、阿川泰子、インナーギャラクシー オーケストラ、向井滋春、宮野弘紀、八木正生、今田 勝、佐山雅弘、 Eric Gale,などと共演。(レコード、CD多数あり) ジャズ以外では、サザンオールスターズ(1曲だけ)、山下達郎、竹内 まりや、服部克久、久石 譲、石井好子、加藤登紀子。またTVコマーシ ャルの音楽制作として、ネスカフェゴールドブレンド、シック、トヨ タ、ニッサン、ホンダ、アフラック(アヒル)、サントリーハイボールなど。 
現在は、前田憲男、大徳俊幸、清水秀子、井上信平、椎名 豊、菊池ひみこ、などと、ライブハウス、ステージ、スタジオなどで活躍中。ニックネームは「クジラ」。