fbpx

Sax Trialog (サックス・トライアログ)

6月
3 Fri 2022
LIVE

OPEN 18:00 / 1st 19:00 / 2nd 20:20 入替なし

吉野ミユキAs 高橋里実As 堤智恵子As 続木徹Pf 矢野伸行B 峯麻衣子Ds
アルトサックスの音色が好きな人にはたまらない「アルトサックス3管」のグループです。 メンバーはそれぞれがリーダー・グループで活動する実力者揃い。スタンダード曲を中心に、華やかなアレンジでお届けします。

Music Charge ¥4,200 別途_要1フード2ドリンクのご注文

Web予約は終了いたしました。
当日のご予約はお電話にて承ります。(受付15:00~)
03-3401-3080

PROFILE

吉野 ミユキ

吉野 ミユキ埼玉県出身。10歳からアルトサックスを始める。11歳から秋本康夫氏に師事。
日大芸術学部在学中にジャズに目覚め、大森明氏に師事。
2008年、スイング・ジャーナル誌の「ジャズメン読者人気投票・アルトサックス部門」に初ランクイン。2009年、初のリーダーアルバム『Straightaway』をリリース。スイング・ジャーナル誌の2009年度ジャズ・ディスク大賞「日本ジャズ賞」にノミネートされる。
現在、自己のカルテットでのCDのリリースやライブ活動を精力的に行っている。
また、後進の育成にも力を入れ、指導者としての活動にも定評がある。
著書に「はじめよう!ジャズアルトサックス第1巻」、同シリーズの「第2巻」と「フレーズ集」、「セッション攻略Q&Aジャズアルトサックス」(すべて中央アート出版社)がある。

高橋 里実

高橋 里実東京生まれ。8歳よりピアノを習い始め、13歳よりサックスを吹き始める。
上野学園中学校音楽コース・高等学校音楽科(ピアノ専攻)卒業。武蔵野音楽大学器楽学科(サックス専攻)卒業。大学2年の時に偶然聴いたビル・エバンス(p)の「ワルツ・フォー・デビー」に感動し、JAZZを志す。
武蔵野音楽大学のサックス科を首席で卒業後、ヤマハポピュラーミュージックスクール講師等を経て、プロと
しての活動始動。数々のジャズ・フェスティバルに出演、及び、レコーディングに参加。
現在、東京都内を中心に音楽活動を展開中。アルル音楽学園のサックス講師を務める。故・松本英彦氏、土岐英史氏、須田寔氏に師事歴あり。

堤 智恵子

堤 智恵子埼玉県さいたま市生まれ。伊奈学園総合高等学校吹奏楽部で中村均一氏に師事。その後東京音楽大学(サックス科)にて石渡悠史氏に師事。在学中にジャズの魅力にとりつかれ、土岐英史氏に師事し、奏法・理論などを学ぶ。藤陵雅裕氏、佐藤達也氏にも師事。
今田勝NOW'IN、つのだ☆ひろバンドなどに参加。
リーダーアルバムは10枚出しており、最新は盤ではなくネットでしか売られていない『 A Sunday's Dream』になる。

続木 徹

続木 徹1952年京都生まれ。75年に新宿 PIT INN など都内のジャズクラブでプロ活動を開始。
84年にリーダーアルバム「ネプチューン」を残す。
85年に山岸潤史(g)、土岐英史(sax)らと「チキンシャック」を結成。通算10枚以上のアルバムを発表(メルダック)。
ジャズのみならず黒人音楽全般に、そしてキーボードワーク、スタジオ活動にも活動範囲を広げる。同時にアメリカでもレコーディング活動をはじめ、内外のアーティストと数多くのアルバムを残す。
90年代に入ってからデビッド・T・ウォーカー(g)、ジェームス・ギャドソン(ds)、山岸らと「バンドオブプレジャー」を結成。3枚のアルバムを発表(フォーライフ)。 2012年と2013年、チキンシャックはBlue Note Tokyoでの2daysライブでリユニオンを果たし、翌'13年6月、23年ぶりの新譜「ChickenShack Ⅶ」(キング)をリリース。 ‘16年1月には、「バンドオブプレジャー」がBlue Note Tokyoでの3daysライブでリユニオンを果たした。
その他、自己のジャズトリオ、カルテットの他、吉野ミユキ(as)グループ、向井滋春(tb)グループ、高瀬龍一(tp)カルテット&デュオ、弟の続木力(ハーモニカ)との「続木ブラザーズ」、京都のフォークシンガー豊田勇造 とのデュオ、辻邦博(g,vo)、太田恵資(vln)らとのコラボレーション等、ジャンルにとらわれない活動を続けている。

矢野 伸行

矢野 伸行栃木県足利市出身。河上修に師事。
伊太地山伝兵衛商会、諸田富男六重奏団、下田卓カンザスシティバンド、村田浩&THE BOP BAND、吉野ミユキカルテットのメンバーとして活動中。絶妙なグルーブ感と歌心溢れる演奏に定評がある。

峯 麻衣子

峯 麻衣子5歳からクラシックピアノを習い、小学校の金管バンドでドラムを始め、顧問の
影響でジャズと出会う。
小学6年生で特別出演したJapan Student Jazz Festivalで個人賞に選ばれる。
中学校では吹奏楽部に所属し、打楽器を担当する。ドラムを岡野正典氏に師事。
2004年、兵庫県立高砂高校に入学し、ジャズバンド部に所属。多くのプロミュージシャンと共演する。清水勇博氏に師事。
2006年、Japan Student Jazz Festivalで、第1位にあたる神戸市長賞を獲得。
2007年、徳島大学に入学し、在学中から四国・関西を中心に活動を始める。
長期休暇を利用し、2度NYに渡り、Eli Fountain氏に師事。
2011年、大学卒業後、関西に戻りプロ活動を開始する。
2013年6月から3ヶ月間単身NYに渡り、Michael Kihn氏に師事。
また、Greg Glassman(tp) Sullivan Fortner(pf) Joseph Lepore(b)らと共演を果たす。
2016年6月から活動拠点を東京に移し、自身のトリオ(伊藤駿介pf, 越野振人b)や
佐藤公淳(ts,fl)カルテット、西村菜美(fl,oca)カルテット等に参加し、鋭意活動を
展開中。